医学界で起きている変化「統合医療」

医学界で起きている変化「統合医療」

近年統合医療の変遷

近年、医学界は「統合医療Integrative Medicine」として、これまでの医療が西洋医学中心の「対処療法」に終始した事への反省から、「原因療法」へと急速に移行しています。

残念ですが、我が国においては注目が集まっているという表現に止めさせて頂きます。

日本統合医療学会の解説によりますと、実際に、救命救急や外科手術などの臨床現場では近代西洋医学でしか、なしえない治療が施されます。

しかし一方で、慢性疾患の治療や予後の療養、さらには近代西洋医学では治療不可能と言われた症状に対して、伝統医学や相補・代替医療(※)の有効性が数多く報告されています。

※伝統医学や相補・代替医療(Complementary and Alternative medicine : CAM)は厳密な定義はないが、一般に近代西洋医学(医療)の領域外のすべての医学や医療の総称である。中国伝統医学、鍼灸、漢方、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、アロマセラピー、カイロプラクティック、オステオパシー、整体、マッサージ、食事療法、植物療法、サプリメント、心理療法、芸術療法など幅広い分野の手技・手法などを含み、いわゆる民間療法として知られているものも多くある。

一般社団法人 日本統合医療学会 HPより

世界の 相補・代替医療の考え

世界的には色々な相補・代替医療(CAM)がそれぞれの国で想定されていますが、我が国に於いては、実質的に『漢方薬』や『鍼灸治療』や『柔道整復師』が身近な存在と考えられます。

既に、日本の医学会では、大学病院や主要研究機関などにおいても漢方薬の採用や鍼灸科目の設置などが進んでいます。        

しかし、鍼灸科目が設置され始めてはいるものの、大学医学部の教育では鍼灸は全くノータッチ。

一方、米国・ハーバード大学をはじめ主要大学医学部では講座として鍼灸学が導入され鍼灸師になるわけではありませんが学問として学んでいます。

日本の統合医療の考え

日本統合医療学会は「医療モデル」と「社会モデル」に大分していますが、「社会モデル」は正直、具体的な意味が良く解りません。

「医療モデル」においても、

①定義が明確にされていない
②多種多様かつ玉石混淆
③エビデンスに乏しく、今後の収集が必要
④患者の安全・安心のための情報不足

と言えます。

このような現状の中で、「統合医療」を推進するにも、あるいは否定することは医師としては正しい姿勢とは言えません。

特に、安全性・有効性が確立していない療法を患者に提供することは、医の倫理の立場からは大いに疑問のあるところでしょう、という意見も有ります。

要は堂々巡り、厚労省の『葵の紋』エビデンスと安全性のお出ましと言えます。
おそらくエビデンスも安全性も西洋医学の基準を求められるでしょう。

では何のための相補・代替医療と言えるのでしょうか。

例えば、国民病と言われる「肩こり」や「腰痛」に置き換えて、肩コリで整形外科を受診して何か処置が出来るかというと整形外科医は肩コリ治療という概念は持っていないと思われます。

なので、もしかしたら超音波診断やCT撮影、場合によってはまさかのMRIを撮るかもしれませんが、骨や筋肉の構造上に明らかな異常が無ければ、各種ビタミン剤の処方や理学療法(遠赤外線など)による血流向上を図るのではないでしょうか。

気の利いた医師なら「運動しなさい」と帰すかもしれません。

腰痛となると、同様の検査によって骨格の異常を探し、骨格や椎間板ヘルニアに異常が有れば、本業である手術で治そうとするでしょう。

しかし異常が無ければ肩こり同様の手詰まりになります。

しかし、腕の良い柔道整体師(接骨)や整体師の手に掛かると、一発でほぼ完治に近づくケースも有ります。整形外科医がマッサージ店や治療院を紹介するケースは無いとは言いませんがレアケースでしょう。

それに医療保険の問題も有ります。病院に掛かっていれば3割負担等で済みますが、治療院等はそうはいかないでしょう。その辺りに医療費を削減したい厚労省の意図が上手く進まない部分が見えてきます。

私たちの身近な症状、『肩こり』あるいは『腰痛』が統合医療の普及に於いて、解り易いバロメーターに思えてきます。

統合医療カテゴリの最新記事