頭痛と肩こりの関連性について

頭痛と肩こりの関連性について

日本人に最も多い緊張型頭痛

頭痛にはさまざまな種類がありますが、

・脳の病気による頭痛
・群発頭痛
・緊張型頭痛
・片頭痛

などが挙げられます。

脳の病気による頭痛は急激に激しい痛みがあらわれることが多く、生命にかかわることもあるので直ぐに受診等の注意が必要です。

群発頭痛は20~40歳台の男性に多くみられます。目の奥がえぐられるような痛みが特徴で、アルコールがきっかけになります。

身近な頭痛として、

・頭の片側や両側が脈打つように痛む「片頭痛」(有病率8.4%:約840万人)。
・頭全体が締め付けられるように痛い「緊張型頭痛」(有病率22.4%:約2240万人)。
・緊張型頭痛は日本人に最も多い頭痛であり、多くの方に心当たりがあるのではないでしょうか。

この緊張型頭痛は、肩の筋肉(僧帽筋)や首の筋肉(後頸筋)、頭の側面の筋肉(側頭筋)が緊張することで筋肉内に乳酸などが貯留して末梢血管を収縮し血流が悪化し、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

つまりこの緊張型頭痛、肩こりと密接な関係があると考えられています。

原因は生活習慣に

肩や首のコリやハリを発端とする緊張型頭痛の主な原因としては、

・長時間同じ姿勢を取り続けること
・姿勢が悪い
・枕が合ってない

などが挙げられます。

調理や手芸、書き物やパソコン作業などのデスクワークなど、日ごろ背中が丸まったようなうつむき姿勢をとってしまいがちだったり、また逆に草木の剪定や洗濯ものをかける作業、目線より高い位置にあるテレビを見続けたりなど、上向きの姿勢を取り続けることも原因になります。

首や肩に負荷をかける・・・。これって殆ど肩こりの原因と一緒ですよね。

また、重いものを運ぶ作業や子供をおんぶや抱っこをしたり、重い鞄やリュックの持ち運びなども筋肉に負担がかかりつづけるので疲労が蓄積しやすくなります。

対策を取って慢性化を予防

緊張型頭痛の継続時間は30分から一週間とさまざまですが、原因を放置すると慢性化してしまうことがあります。

常に頭痛や頭痛が起きる不安を抱えていてはクオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を落とすことに繋がってしまいます。

生活習慣として普段から正しい姿勢を心掛け、長時間同じ姿勢をとり続けないことや適度な運動や入浴も効果的です。

肩や首のコリ、ハリを甘く見ず適切に改善することで頭痛に対処していきましょう。

関連痛カテゴリの最新記事